福原千鶴ブログ-直感センサ

福原千鶴(石井千鶴)の演奏予定

松本修

NHKをちらと見たら、大鶴義丹さんの「わたしが子どもだったころ」の中で「唐版 風の又三郎」の一場面が映っていました。
松本修演出の唐版~を見たのを鮮烈に思い出しました。
アングラといわれるような作品をきちんと見たのは、その時が初めてだったと思うのですが、奇矯さや気味の悪さと同時に、清々しさやフレッシュさも印象として残っています。
キャストや演出のせいでしょうか。全力で挑まざるを得ないせいでしょうか。
そしてまた、多分元々アングラに類するものが苦手じゃないのです。

松本修氏には大学で教えて頂き、幾度か舞台を拝見しています。
わたしにとって素直に見られる作品が多いです。あまり押し付けてこない。
「城」では、田中哲司さんの”流される魅力”を目の当たりしたり、井手茂太氏の振り付けや斎藤ネコ氏の音楽でも楽しんだり。
これからも折にふれ拝見したいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/27(月) 02:57:46|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素描展

芸大の陳列館で日本画科の素描展をやっています。
植物、人物、動物、風景など。
今回、全体的にとてもよいです。一様に繊細で見入ります。
13日までですので、ご興味ある方は是非。
私がモデルの絵が二枚あります。ワンピースを着ています。
  1. 2009/07/09(木) 20:21:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

数日前「エヴァ」の「」を観ました。
いやぁー、ものすごく面白かったです。
アニメという表現媒体によほどのアレルギーがなければ、誰もが楽しめるんじゃないかと思ったくらいです。
めちゃめちゃにやられたりするけど、観賞後は爽快感が残ります。エヴァの映画で。
庵野監督の私小説的側面もある作品と思っているので、気持ち悪くないシンジくんを見ると、驚くと同時になんだか心温まります。


  1. 2009/07/05(日) 02:29:02|
  2. 観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0